スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるひ~

お腹がパンパンで、今朝5時位に異常に気持ち悪くなり目を覚ましました。
トイレに行くと、ガスが抜け、続いて下痢も抜けました。
ホッとしたのもつかの間、嗚咽が始まり、今度は嘔吐です。
なにも食べてないので吐けない。 何度もゲロゲロするもダメ。 辛い時間でした。
とりあえず、寝ましたが、今日は検診もあり、病院に行きました。
痛みが取れないし食事があまり取れていないし便秘もひどいので、オキコンチンかフェントスって貼るタイプのオピオイドに変更し、下剤ももらって帰りました。

お腹が痛いのと、ハリがひどいので、食事もとれず寝るだけです。
弱ってるなぁ~。

夜に風呂にはいると、ギョっとしたのが、お腹のハリです。
コレ、便秘じゃなくて、腹水かもしれん。
朝に下痢して、今日は食べてないのに、こんなにパンパンな分けないもんな…

次から次へと問題山積じゃ。

どうなるんだろなぁ…
スポンサーサイト

3年目の4

今更なんですが、つい先日3年前の胃全摘での隠された真実を聞かされました。
それは、妻が主治医に口止めしていた事実で、妻から聞かされました。

3年前の手術の時に、開始してから30分後くらいに妻が主治医に呼び出されある選択を迫ったそうです。
このまま閉じるか、手術を続行するか・・・?

・・・あれオレの胃がんってステージ2で胃壁の内側で納まってたんじゃないの・・・??

実は、既に胃の外まで広がっていて、腹空内にも癌細胞が認められたらしい。
またすぐ側の大腸にもくっついた状態で、開腹したもののかなり状況は悪く、ステージとしては4と言わざるおえない状態だった。 リンパ節にも転移があり、とても楽観視できるものではなかったとのこと。

妻は、手術で全摘し取れる限り取ってくれと返事し、主治医も大腸もメスを入れるかもしれない、ただし今回成功しても、今後の再発は確実であることも伝えられた。 恐らく余命事態も5年は難しいだろうとも・・。
奇跡的に大腸にメスを入れなくても取ることが出来て、リンパも3群までとるも、生検で3群までは転移していない状態で手術を終えることが出来た。 ただ腹空内に癌細胞があったことは確かで、ステージ4であった見立ては変わらなかったらしい。


今現在、癌が取れなくなり、今となってはステージがいくらであろうが関係ない状態ではあるが、よく無事でココまでこれたなってのが実感です。

妻が、ボクの闘病に対する意欲が下がり、調べると絶望視することが明らかだから、主治医と口裏合わせて内緒にしていたらしい。
ただ、主治医は患者に聞かれたら全て話すと言っていたらしいが、その時点でボクは手術結果に納得していたので聞かなかったらしい。
結果、最近まで内緒となっていた。

そういえば、どうも主治医や妻と、ボクの温度差が違ったりする場面が合ったのはその性だったのかと今頃納得している。


確かに妻の選択は正解だったのかもしれない。
それだけに、ボクに秘密にしておくことは辛い選択だったと思う。
辛い目に合わせてしまったな。

今後のことを話し合う上で、妻と二人で泣きながら知った事実でした。



それにしても、ボクの家族はいったい何を考えているのだろう?
当初からステージ4である事を知っているのにホッタラカシだし、普通もっと心配する反応だと思うのだが、ほんとに情も常識もあったもんじゃないよ。
この状態になり、家族の今後を心配したけど、もうアホらしくなってきた。 なんでこんなシンドイ目に合いながら、人の心配せにゃいかんのか。 ほんとアホくせぇ。

一泊二日

昨日から一泊二日入院してました。
ここ、2週間くらい調子悪かったのですが、消化器の動きが悪いらしく、ひどい便秘になってしまい、新たな腸閉塞も懸念されるため、一応入院しました。

まず、レントゲン撮影し、おそらく閉塞ではないようなので、追加で造影剤(おそらくガストログラフィン)を飲み、1時間毎に2回レントゲン撮影しました。(ひどく甘い養命酒のような味)
閉塞はなく、バイパス部も良好で一安心でした。 ただバイバスの元の大腸が、行き場の無い便で腫れてるとの事です。
消化器の動きが良好であれば、これも流れるので問題ないらしいのですが、全体的な動きが悪い。
造影剤を飲んだ直後も、センセはモニターしていましたが、流れる速度が遅く、やはり癌が影響してるようだ、との見解でした。

造影剤が下剤代わりになり、便秘は解消されました。 お腹はパンパンだし、腹痛いしで、今回も痛いオンパレードでした。

痛み止めのロキソニンを飲むと、不思議と食事も取れていたので、痛み止めをランクアップして、ついにオキシコンチン(医療用麻薬)を処方してもらいました。

2・3日は眠気や吐き気があるかもしれないとの事でした。

思ったより長い

今日は外科の検診以外に泌尿器科の検診もあり、ステントの状況をレントゲン撮影し、腎臓はエコーで診察しました。
レントゲン撮影し放射線科から、画像を受け取った時に、えっ!、と思ったのが、ステントの長さです。
感覚的に15cm位かなと思ってましたが、画像からすると30cm近くありそうです。
こんなに長い物押し込んだの? 画像は拡大しているのかな?

いつも思うのは、レントゲン画像はシロウトが見てもわからない。
大概説明されても????なんだよね。

泌尿器科に戻り聞いてみると、26cm位のステントが入っているとの事でした。
腎臓から膀胱までって結構長いんですね。

膀胱まで直線のカメラを突っ込んだから、男子は大変です。グイっ、グイ、グイっと入れて行くんだから(ゼンセンわからん)ね。

とりあえず、ステントはずれてもなく、腎臓の腫れもわずかなんで、大丈夫だろうって。

不調続く

どうも、ここ3・4日調子が悪い。
気持ち悪くて、しっかり食事が取れない。
体重も50キロ代になってしまった。

今日、検診にいったが、ステントは無関係だし、血液検査も特に問題ない(
CEAは論外だけど…)、原因不明の不調。

おまけに、ちょい下痢っぽいし…
ただ単に、消化不良だけであれば良いのだけれど。

不調につき、抗がん剤は様子見になった。
更に気持ち悪い状態に追い込まれるのも勘弁して欲しかった。
ただ、水腎症で腎臓に負担がかかっているから、抗がん剤をするにしても、シスプラチンはもう少し時間をおいたほうがいいとの判断。

にしても、この気持ち悪さなんだろう。
精神的な問題か? いや、実際気持ち悪いしなぁ… わからん

コリコリ

術後から、軽い腹痛や今回の水腎症の腹痛まで、ずっと腹痛続きなんだけど、つい脇腹をマッサージしてしまう。 その時気づくのが左脇腹の不気味な硬さだ。
よくシコリを感じて癌を意識する人は多い。 胃ガンの場合触れて気づく事はまずない。 触ろうにも、ほとんど触れないからね。
それが今回、明らかに硬い物を感じるわけだ。
主治医に聞くと、ソレは癌だ、とのこと…
相変わらずぶっちゃけるなぁ…

お腹の中なんで、リアルに感じられなかったけど、今はコノ、コリコリとするのが、日々暴走機関車のごとく歯止め効かず成長していると思うと、そら恐ろしいもんを感じる。
こいつは今後、何のワルさを仕出かすのだろうか…

退院しました

金曜の夜からずっと続いていた痛みが、やっと落ち着き退院してもいいと主治医のOKが出ました。
3日間痛み止めが切れる度に痛みがぶり返し、約6時間毎に昼夜お構いなく何度も何度も繰り返されるので、いい加減ウンザリでした。

徐々に間隔が長くなっていたましたが、次に痛みがでたら、オキシコンチン・・と思ったところで、痛みが来なくなり、なんとか使わないで済みました。

今回もバタバタでしたが、なんとかやり過ごすことが出来ました。

5万で

いつのまにか50000アクセスに達しました。
着実にカウントはあるんですが、いったい誰が見てるんだろうなぁ。 まぁ考えても仕方ないんで、とりあえずコレからもよろぴく。

今日は泌尿器科の検診を受けました。 エコーより腎臓のハレは治まったようで、ステントの効果がありました。 ただ、断続的に痛みがあるのは、徐々にひいていくだろう、との事。
主治医からは、痛み止めを一段階上げてオキシコンチンも使おうということになりました。
ついに、医療用麻薬の登場です。
まぁ、ペインコントロールには当たり前に使用されるので、痛み止めの観点からすると、サッサと使いたいとこです。
ただ、「ついにココまで来た」、「終わりの始まり」といった感覚もあり少し抵抗感もあります。 仕方が無いんですが、着実に階段を登っているようで不安ですね。

さて… いつ退院させてくれんのよ(笑)?

痛いのとんでいかねェ

個室のちびっこは退院していきました。
ステントいれて次の日は調子よかったけど、なぜか昨日の夜から痛みが消えない。 ロキソニンや注射等の痛み止めをするも、少し弱くなる程度。
痛みに支配されるとホント何にも出来ない。

ツライなぁ…
ステントに問題があるのか、他の原因か?それともただ単に設置後の体が慣れるまでの反応か?
様子見るしかないね。

…いつ退院出来るんだろ。

痛いのとんでけ

昼からずっと個室で、子供が泣いてるんだよね。
何か手術したのか、切ないなぁ。
早く良くなって欲しいな。

またもや不意打ち

なんと、入院しています。
夜中に左脇腹が痛み、痛み止めを飲むも効果なし、朝にはゲロゲロ吐く始末。 またもやボロボロになりながら休日に病院に。
主治医も到着し、まずはレントゲン。 腸閉塞ではない。 次に造影CTをすると、原因がわかった。
大腸の閉塞を引き起こした箇所の腫瘍が尿管を押して詰まり、水腎症を起こしていた。 あの、のたうちまわる痛みと言われる尿路結石と同等の痛みが走るとの事、嘔吐もそうだ。 

尿路確保のためステントを入れました。 これがまた痛かった。 男子の方が尿道が長く大変との事。 
カテーテルにより挿入していくけど、ハンパない痛み…無事入ったからとりあえず良しとしよう。

今、入れて半日経ちました。
痛みはとれましたが、まだ気持ち悪い、そのうち落ち着くかな…
血尿も少し薄くなってきた。

次から次へとこんなことが繰り返される。 これからも…と思うとホント気が滅入る。
ステントも3ヶ月交換が必要だ。
トホホ…


カウンター
アクセスカウンター

オンラインカウンター
プロフィール

PADAWANP

Author:PADAWANP
スキルス胃癌で胃全摘し、2年後大腸小腸に転移し再手術、さらに1年後また転移、ついに取れなくなりました・・この先どうなることやら… 大変だけど、それでもいろいろ遊んでます。

facebook

ブログパーツ




最新コメント
カテゴリ
最新記事
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
2170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
495位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。