スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイッチ

「死」ってなんだろう?
あまり考えたくもないし、すぐにどうのこうのは無いけど、こんな状態になると意識せざるおえない。
宗教、哲学、医学、科学いろんな考え方や捉え方があるのだろうけど、大した信心があるわけでも無いから、「何も無くなる」だけじゃないかと思う。
その後も世界は続いていき、大して変わらない日々が繰り返されるのだろうけど、ボクという自我はソレを感じることは出来なくなる。
この世の全ては、ボクの頭の中で作り出した創造物かもしれない(ちがうだろうけど)。 感じる機関が停止するのだから、何も感じない何も考えないのが正解だと思う。

手術する前に全身麻酔をする。
「3・2・1を数えますから」と言ってカウントダウンする麻酔医もいたけど(たしか?)3・2は聞こえても、1は聞こえない。
ストンと意識が消える。 まるでスイッチが切れるように。

あの感覚って「死」なのかな?と考える。

手術が終わり麻酔が覚めてくると、もうろうとした意識の中、天井が見えてくる。 この世に舞い戻った瞬間だ。
その間、夢を見るわけでもなく、意識もゼロ、感覚もゼロ、身体機能は動いているが、意識して動かしているワケではなく機械的に体が機能しているだけ。
術中はこの世に存在している感覚はゼロだ。
ゼロ・・・何もない。

生まれ変わりや来世とか色々言われるけど、術後から考えると、あの「ゼロ」になる感覚(ゼロの感覚ってのもおかしな話だけど)が「死」とイコールと思う。
お化けになって世界中を飛んでみたいとか、次はこの子に生まれ変わろうとか、想像したら面白そうだけどファンタジーかな。


ボク自信はゼロになるのはいいんだけど、果たしてソレで折り合いが付くのだろうか?
大往生で「ワシの人生は幸せじゃった」とか感じられるワケもなく、無理矢理そう思うしか無いような気がする。
まぁ、変なこだわりも無くなるんだろうから、そう思えるのかもしれない。 それもゼロになるんだろうね。


コメント

非公開コメント

カウンター
アクセスカウンター

オンラインカウンター
プロフィール

PADAWANP

Author:PADAWANP
スキルス胃癌で胃全摘し、2年後大腸小腸に転移し再手術、さらに1年後また転移、ついに取れなくなりました・・この先どうなることやら… 大変だけど、それでもいろいろ遊んでます。

facebook

ブログパーツ




最新コメント
カテゴリ
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
2844位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
665位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。