スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検査


PET-CT検査をしてきました。
PET-CTとはなんぞや?って人もいると思うので簡単に説明。
ガンの有無や位置、大きさなどをCTのような機械で全身検査で発見できる優れもの。
しくみは、ガンは増殖が早いので栄養であるブドウ糖を普通の細胞より多く取り込む性質があり、ブドウ糖と微量の放射性物質を結合させた薬剤を注射することにより、ブドウ糖が集まっている場所を機械で特定しガンの診断するって感じかな(適当だけど)
まぁ、あまりに小さいガンや、発見しにくいガンもあるので万能ではないけど、通常検査よりかなり精度が高いとのこと。

体の負担はほとんど無い。 注射1本だ。
まずは待合いで水かお茶を飲む(恐らく放射性物質を体内から排出し易くするため)。 その次に注射。 打った後に特別な休憩室(体から放射線が出ているから)で1時間休み、オシッコに行き、薬剤がからだに巡ったところで撮影。
機械はほとんどCTと同じような感じ、巨大な機械の中で撮影部分がグルグル回ってる。 寝台が前後に移動しながら全身を映す。 3度くらい往復して終了、約15分といったとこか。
その後、40分休んで、オシッコ後、解放。

9時半から12時くらいまでかかった。
結果は24日に聞きに行く予定。

放射線が出てるから、約1日くらいは、妊婦や子供を1m以内に近づけないように、とのこと。

待合室で待ってると、以外に検査する人が多い。
他の病院からも外来検査しているようだけど、同年代の女性、高年の男性、高校生くらいの男子、頭にバンダナを巻いた女性(恐らく抗がん剤により脱毛)と待合室にいるだけで4人いた。
検査だけか、実際ガンで苦労している方かは判らないけど、こんな検査に無縁の生活を送りたかったなぁ。

コメント

非公開コメント

カウンター
アクセスカウンター

オンラインカウンター
プロフィール

PADAWANP

Author:PADAWANP
スキルス胃癌で胃全摘し、2年後大腸小腸に転移し再手術、さらに1年後また転移、ついに取れなくなりました・・この先どうなることやら… 大変だけど、それでもいろいろ遊んでます。

facebook

ブログパーツ




最新コメント
カテゴリ
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
2547位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
645位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。