スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえずの結果


病院に先週の手術の検査結果を聞きに行きました。

腹膜の生検結果としては、ガン細胞は見受けられないとのことです。
ヽ( ・∀・)ノヤッタ!!
まだ生理的に自然に溜まっている腹水の病理検査が残っているので、今回の手術検査が完全に終わったわけではありませんが、2段階クリアといった感じです。
この腹水の検査が終われば、全てクリアとしましょう。

12月の初旬の結果に正直かなりガックリしてました。
大袈裟ですが、カウントダウンの開始が近いのかなぁ・・なんて考えてました。(まぁ、そうなるにしても、すぐにどうかなるって事はないんですが・・)

でも、目視で腹膜に播種は無い、生検もOK、とくれば、このまま、なにも出ない公算が高まってきました。

すごく嬉しいんだけど、腫瘍マーカーの上昇はなんだったのか・・
センセの見解は、現在あるCTや検査の手法が全てではないので、マーカーの上昇がある限りは、転移等なんらかが起こっているか進んでいると思ったてた方が良い、との事。
ナメてると痛い目にあうってことか・・

とりあえず、TS?1では抑えられなくなってきてるので、来年早々からタキソール(パクリタキセル)に変更する事が決定し、ケモの予約をして帰りました。

センセが看護師さんに、ケモ入れといてって頼んでました。
いったい、ケモって何?って思いましたが、化学療法のことをケモセラピーとよび、ここでは点滴による投与を、ケモと呼んでいるようでした。

闘病ブログでよく「ケモってきました」とか書いてあるのはこの事の様です。

来年からは週イチで3回投与し1週休むペース。
4週でワンセットのクールとなるようです。

毎度書いてる気はしますが、副作用としては、2・3週目くらいから脱毛が始まり、手足末端等のシビレなど感覚てきなものも出るようです。 白血球等の低下の骨髄抑制もあるので、毎週採血し確認しながら投与するらしいです。 投与自体は初回は2?3時間、2回目から1時間程度との説明でした。
吐き気自体はほとど無いらしいのでその点は楽かもしれません。

あ?ぁ、センカドライン突入かぁ・・(センセによると4段階まであるとのこと・・)


そういえば以前、シスプラチンは超強烈に吐き気がありましが、センセによると、12月に吐き気止め用の新薬が承認されて、結構良いんじゃないかな?と言ってました。
この手の患者の負担を少なくするような物はどんどん出てきて欲しいものです。

とりあえず来年まで、小休止です。
抗がん剤に悩まされ続けた一年でした。

コメント

非公開コメント

カウンター
アクセスカウンター

オンラインカウンター
プロフィール

PADAWANP

Author:PADAWANP
スキルス胃癌で胃全摘し、2年後大腸小腸に転移し再手術、さらに1年後また転移、ついに取れなくなりました・・この先どうなることやら… 大変だけど、それでもいろいろ遊んでます。

facebook

ブログパーツ




最新コメント
カテゴリ
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
3023位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
688位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。